秀吉に遅刻釈明?政宗の書状

天下統一を前にした豊臣秀吉が関東と東北地方の大名を宇都宮城に集め、処遇を決めた「関東・奥羽仕置」に伊達政宗が遅参し、事情を記した自筆の書状が発見されたそうだ。
栃木県立博物館が13日に発表した。当時、政宗が居城としていた米沢城を出発してから宇都宮までの行動は明らかになっていなかったそうだ。専門家は「小田原攻めに続いて、2度目の遅参に政宗が焦る様子も伝える内容」と評価している。
書状の日付は天正18年7月27日の「戌の刻」。23日に米沢城を発ったが、人馬の疲弊などで宇都宮への到着が遅れていると説明。26日の秀吉の到着に間に合わなかったことを「覚悟のほかに候」(予想外でした)とし、「今夜に打ち立ち候いて、明日は四ころに参るべく候」(今夜には出発し、明日午前10時までには参上できると思います)と、徹夜で向かうとしている内容だったようだ。
当時は多くの軍勢を引き連れて馬や徒歩で行かなければならなかったため、確かに予想以上に時間がかかってしまったということもあるのかもしれない。それにしても2度も遅刻してしまって焦っている様子がうかがえて、当時の政宗には申し訳ないが少し面白いとさえ感じてしまう。