サントリー「角瓶」を値上げへ

サントリーホールディングスは21日、「角瓶」「オールド」などのウイスキー9ブランド33種を、来年4月出荷分から値上げすると発表した。引き上げ幅は、税抜きの希望小売価格で9.4~25.0%とのこと。「角瓶」の値上げは1984年5月以来、32年ぶりとなるそうだ。
販売が好調なことから国産は製造設備等への投資費用を、輸入は仕入れ値の上昇を販売価格に反映させるためという。他に値上げするのは、国産は「ローヤル」「スペシャルリザーブ」「響JAPANESE HARMONY」、輸入では「メーカーズマーク」「ザ・マッカラン」「バランタイム」「ジムビーム」。ジムビームは7月出荷分から引き上げるそうだ。
「角瓶」は84年には700ミリリットル入りで2750円だったが、その後は値下げが続き今は1414円。これを今回、1590円にするそうだ。値上げ幅は12.4%となる。国内ではウイスキーとソーダを合わせて作る「ハイボール」が人気で、NHKの連続ドラマ「マッサン」の影響でも需要が増えてるという。
サントリーは今年4月に「山崎」「白州」など6ブランド39種を値上げし、11月にも輸入品の一部を値上げしていた。
ウイスキー好きには少し痛い値上げとなりそうだ。

ドローンによる宅配計画

ネット通販、インターネットでの買い物には、宅配サービスが付き物だ。そして、自分で頼んだものなのに、宅配時に外出していて受け取れなかった…というのは割とよく聞く話である。
さて、アメリカのインターネット通販最大手のアマゾンドットコムが、小型無人機ドローンを使った宅配サービスを計画し、実用化に向けて映像を公開したという。前回の公開は2年前。今回はそれよりも大型のドローンを開発したので、2.2キロまでの重さの商品を30分以内に届けることができる。さらにカメラ機能を搭載し、障害物を回避しながら飛行するそうだ。
まだ実験段階なので開始時期こそは未定だが、無人での宅配が可能になれば、インターネット通販はさらに便利になるだろう。個人的には荷物が空を飛んで届くなんて、有名な魔法学校のフクロウ便のようで、面白そうだと思う。日本で実用化はされるのだろうか。