クラウドでPSゲーム、日本でも

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は9月15日、ゲームストリーミングサービス「PlayStation Now」における国内展開について、9月16日正午ごろからベータテストを開始すると発表した。
PlayStation Nowはクラウド技術を活用し、PS3用ソフトを様々なPSNow対応デバイス上でストリーミング方式でプレイすることができるというもの。インターネットに通じパッケージ版やダウンロード版のデータをローカルデバイスに保持することなくゲームが可能となる。
国内向けには初期段階でおよそ150タイトルを用意。レンタルサービスとして4日間、7日間、30日間と用意され、利用料金は200円から。90日間は400円からとなっている。100本以上のタイトルが利用できる定額制サービスは1ヶ月が2315円、3ヶ月が5463円となっている。
ベータサービス開始時点では「バイオハザード6」、「ウルトラストリートファイターIV」、「真・三國無双7」、「ファイナルファンタジーXIII」、「塊魂TRIBUTE」、「みんなのGOLF 6」などをラインナップ。対応デバイスはPS4、PS Vita、PS Vita TVに加え、ソニーの液晶テレビ「ブラビア」やソニー製ブルーレイディスクプレイヤーの一部機種でも提供するとしているとのこと。これまでプレイしたことのなかったゲームも気軽にプレイしてみるなど、楽しみ方が広がりそうだ。