巨人が阪神下す、CSファイナル進出へ

セ・リーグのクライマックスシリーズファーストステージ第3戦が12日、東京ドームで行われた。
巨人が阪神を3-1で下して、CSファイナルステージへの切符を手にした。
阪神の先発は能見。巨人は能美から初回、前日11日と同様に立岡が先頭打者三塁打を放つと、1死一、三塁から打席には阿部が立った。
センターへの犠牲フライで立岡がホームベースへ生還し、1点を先制した。
巨人の先発のポレダは4回まで阪神打線をパーフェクトに抑えた。
5回も無死一、二塁のピンチを無失点で切り抜ける好投を見せる。
その後、6回、1死一、三塁で阿部がライト前へこの日、2本目となるタイムリーを放ち、2-0とリードを広げた。
なおも1死一、三塁の場面。
バッターボックスには長野。2球目、2番手の岩田のフォークがワンバウンドになり、キャッチャーの梅野が捕球できずにボールが大きく前に転がると、三塁走者の坂本がこの一瞬の隙を見逃さず、激走ヘッスラで間一髪セーフ。3点目をもぎとる形となった。
4番の2本のタイムリーと、若き主将の好走塁で3点差とした巨人。
7回にポレダが福留にライトへのソロアーチを浴び、2点差にされたが、ここでマシソンが登板し後続を断つ。
その後もリードを守りきり、ファイナルステージの進出を決めた。セ・リーグ覇者のヤクルトとのファイナルステージは10月14日から神宮球場で行われる。