FBのザッカーバーグCEOが育休

米Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは11月20日、生まれてくる娘のために2か月の父親産休を取る計画を、自身のFacebookアカウントで発表した。
「調査によると、働く両親が新生児の一緒にいる時間を持つことは、家族全体にとっていい結果をもたらすことが分かっている。Facebookは米国の従業員に対し、最長4か月の女性のための産前産後休暇あるいは男性のための育児休暇を提供している」とザッカーバーグ氏。同氏は投稿に、準備しているベビーカーやベビーシートに囲まれた愛犬Beastの写真を添付した。
この投稿には同社のシェリル・サンドバーグCCO(最高執行責任者)が「マーク、プリシラ、あなたたちの決定にとても興奮しています。お嬢さんとの貴重な最初の数か月を楽しんでください。会うのが待ちきれない」とコメントした。
CEO自ら育休を取ることで、男性でも育休を取りやすい環境であることをアピールしたこの発表は、他の企業にも影響を与えそうだ。