YKKがコーヒー店経営?

ファスナーで知られるYKKグループが今月12日、東京都内にカフェをオープンさせたそうだ。しかも使う豆はブラジルにある自社農場で栽培されたものを自家焙煎しているそうだ。なぜYKKがコーヒー豆を栽培することになったのだろうか?
墨田区にオープンしたのは「カフェ・ボンフィーノ本店」。両国国技館から徒歩15分の距離にあるYKKグループのビルの横に建てられた、ガラスを多用した建物だ。
店内は大型焙煎機が備え付けられており、豆の紹介やおいしい淹れ方、相性の良い食材などを提案するためのプレゼンテーションスペースもあるそうだ。提供されている豆は、ブラジルの中央高原地帯セラードにある3300万坪のYKK農場で作られたもの。高品質のアラビカ種のカトゥアイから、真っ赤に完熟した大粒のコーヒー豆だけを選んで直輸入し、自家焙煎して提供しているそうだ。
なぜ、ファスナーのYKKがコーヒー豆を扱っているのだろうか?YKKグループの株式会社「カフェ・ボンフィーノ」の青木社長によると、創業者の吉田忠雄はファスナーの『衣』、AP(建材)の『住』に続き、『食』の分野への進出が企業経営であると唱えていたそうだ。YKKは1972年にファスナー事業でブラジルに進出し、その地で得た利益を再投資し、地域貢献することを目的としてコーヒー事業をスタートさせたそうだ。農地を取得して1985年にYKK農牧場立ち上げてコーヒー栽培を始めたとのこと。
30年に及ぶコーヒー栽培で培われた経験から、より高品質のコーヒーを安定かつ大量に収穫できるようになったことが、今回のカフェオープンにつながったという。
YKKが30年かけて自信をもって打ち出す高品質のコーヒー、ぜひ一度飲んでみたい。

「みしまコロッケ」、中国で人気爆発

静岡県三島市の箱根西麓産メークイン「三島馬鈴薯(ばれいしょ)」をふんだんに使ったご当地グルメの「みしまコロッケ」が、中国で若者を中心に大きな人気になっているといいます。
静岡県にある、食品卸売などを手掛ける「東平商会」(長泉町)が上海市内の百貨店などで「みしまコロッケ」の販売をしたところ、日本の3倍近い値段ながらも1週間で、約4千個を完売しました。
その大人気の理由は、静岡県の三島を舞台にしたドラマである、「ごめんね青春!」の人気もあって、「みしまコロッケ」のファンも順調に拡大中とのこと。「みしまコロッケ」の本格的な海外進出の足がかりになりそうですね。

こけしブーム到来「こけ女」とは

日本の工芸品のひとつである「こけし」。田舎の実家に帰ると茶の間や玄関に複数体置いてあったりする。このこけしが今、ブームになっているという。
こけしは東北から生まれた工芸品だ。そんな東北地方の宮城県が考案した「こけし飛行機」がキモかわいいと評判である。こけしの顔を上を向くようにつけ、飛行機の主翼と尾翼をとりつけたゆるキャラで、仙台空港の利用者増を狙った観光キャンペーンのポスターに描かれた。
こけし飛行機の反響は大きく、県はこけし名産地の鳴子温泉がある大崎市のこけし職人に依頼し、2体の実物を製作した。県庁の1階に展示してあるという。
こけしブームで、青森県の津軽こけし館では、こけしの通信販売件数が月2、3件から月60件ほどまで増えた。
「こけ女」とは、こけしの女性ファン、つまりこけし女子の略称である。各地で開かれるこけしの展示イベントに行ったり、本場である東北地方の温泉に足を運び、職人とのコミュニケーションを楽しむ。宮城県大崎市の鳴子温泉を訪れ、こけしを購入した女性会社員は、「こけし作りの工程を見学して、職人と話しをした。一人前になるまで何十年もかかるということを聞き、こけし自体にその純朴さも表現されていると感じた」とこけしの魅力を語った。
昨今のこけしは、人気キャラクターとコラボするなどしたポップなデザインのものもあるという。
改めて見てみるとかわいいかもしれないこけし。こけし飛行機は少し見てみたい気もする。