サマーランドで傷害事件

夏の行楽施設、サマーランド。大型プールなどでこのシーズンは多くの人を集めている。そんな中、先日複数の女性に対し傷害事件が起きた。犯人はまだ見つかっていない。 
21日の午後1時ごろ2人の女性が、右尻あたりを切って従業員に助けを求めていた。その1時間後、波のプールの中でも2人の女性が右尻を切られたようで救護室へ駆け込んだ。
傷は8センチほどで、血が垂れるほどさっくりと切られており水着の上から切られたようだったという。
施設にいた利用客は「満員電車よりも混んでいた」といい、被害が出た時も「痴漢かと思った」という意見もあがった。
おそらく防犯カメラなどもあると思われるため、今後施設と警察で犯人の特定と捜索にあたるのだろう。人が多すぎで犯人がわからないとは恐い話だ。

駆け付けた警備員も襲われ…

17日の午後10時すぎ、甲府市内の住宅から警備会社に通報があり、男性警備員(34)が駆け付けたところ、この家に1人で住む男性(73)が玄関先で鼻から血を流して倒れていいました。
病院に搬送されましたが、その後亡くなりました。
警備員の男性が到着した時に、家の中には2人組がいて、警備員に棒のようなもので殴りかかって逃げたということです。
警備員は軽傷でした。
その2人組は一体何者なのでしょうか。
2人組については現在捜査中とのことです。