話すバービー人形

世界中の女の子に愛されてきた着せ替え人形「バービー」を販売するアメリカの玩具メーカー・マテルが、持ち主の質問に自分で考えて答えるなど会話ができる新型の「ハロー・バービー」を発表して話題になっています。人工知能を応用した音声ガイド機能やインターネット経由のクラウド機能を備えていて、会話を通じて子どもとともにバービーも学習し成長していくそうです。玩具業界では今後、こうしたハイテク技術を駆使した「スマートトイ」が主流になるそうです。ただ、人形との空想のおしゃべりがなくなり、子どもの想像力がなくなると懸念する声もあるようです。またハッカーに子どもたちの会話を盗聴される危険性も指摘されています。「バービーと会話したい」という女の子たちの夢が叶う商品としてメーカーが開発した「ハロー・バービー」、発売時期は未定ですが今年のクリスマス・シーズンに売り出されるとみられています。バービーと会話ができるというのはすごい技術ですが、空想の中で会話を楽しむというのも子どもたちの感受性や想像力を育てるのに重要なことではないでしょうか。