マックのハンバーガーは腐らない?

ネットで度々噂されている「マクドナルドのハンバーガーは腐らない」という都市伝説。2010年にアメリカ在住の写真家が半年放置しても何の変化もなかったマクドナルドのハンバーガーの写真をWeb上にアップしたり、2013年にはアメリカのテレビ番組で約14年前に購入したマックのハンバーガーがほとんど変わらない姿で見つかったことが取り上げられたりしました。最近ではマクドナルドと他社のハンバーガーをそれぞれ瓶に入れ、30日間経過してもマックのハンバーガーだけ腐らなかったという実験動画がアップされました。これについて大阪大学サイバーメディアセンター教授・菊池誠さんは「一般的に食品は、雑菌が付着して温度や湿度などの条件がそろえば腐ります。普通は手などから雑菌が付着しますが、たまたま乾燥などによって雑菌が繁殖する環境になかったのかもしれません。アップされた実験ではどういう条件で比較したのかもわからないし、実験を何度も繰り返して同じ結果になることを確認しなければ、偶然かどうかも分からない。たった一度の実験で『マクドナルドのハンバーガーだけ腐らなかった』と主張するのは科学的ではありません」と話しているそうです。日本マクドナルドの広報は「食材はすべて国の基準に合致したものを使用。工場や店舗では腐敗の原因となる雑菌が付着しないよう徹底した品質管理を行っております。防腐剤は一切使用していません。」と回答しているそうです。真相は分かりませんが、そんなに長い間雑菌が付着しないで腐らない状態が保たれていたというのも不思議ですね…。