肉フェスで食中毒

今年のゴールデンウィーク(4月28日~5月8日)に江東区青海で開かれていた「肉フェスお台場2016春」という食のイベントで食中毒が起こっていたことが分かった。
「ハーブチキンささみ寿司」を食べた男女49人が、食中毒にかかっていたという。うち男女3人が約1週間入院したが、快方に向かっているとのことだった。
江東区保健所はイベント主催社に改善勧告を行い、生肉提供をやめるよう求める方針。
保健所では食中毒の疑いが判明した今月6日の時点で、イベントを主催するエンタテインメント会社AATJに対し、問題のささみ寿司の提供をやめるよう指導を行ったが、同社は最終日まで販売を継続したという。
計1万3924食を販売したため、今後も患者数は増える可能性がある。
発覚のきっかけは、荒川区役所に「イベントで食事後に体調不良になった」と通報があったこと。食中毒の疑いが浮上したため調査を進めると、ささみ寿司を食べた49人が食中毒にかかっていたと分かった。鳥ささみは軽く湯通しされていたが、患者から細菌が検出されたため加熱が不十分だった可能性が高いという。
また、このイベントは福岡市でも開かれていたが、こちらもささみ寿司を食べた20代の男女4人が食中毒のような症状を訴えたそうだ。
担当者は、「保健所の指導に基づいて、加熱時間を2分から8分に改善した後に販売を再開した」「今回のことを真摯に受け止め、衛生管理を徹底し、安全にイベントが開催できるよう努める。多大なご迷惑とご心配をおかけしたことをおわびしたい」と話した。
改善したとはいえ、販売を中止しなかったのは釈然としないものがある。