地上25メートルに現れたコンビニ看板

あるビルの外壁に設置されたローソンの看板が、「あまりに高い位置にありすぎる」とネット上で総ツッコミを受けているらしい。その場所はなんと、地上から25メートル。実にビルの6~7階に相当する高さだ。真下にいたら看板の存在に気
づかないのでは?という疑問はあるが、これには理由があるという。
きっかけとなったツイートが写損と一緒に投稿されたのは3月20日のこと。題して「第一回そこでいいのか看板選手権」。写真を見てみると、確かに看板の位置が高い。このつぶやきは38000回以上リツイートされ、反響を呼んでいるそうだ。「どこについとんねんww」「誰に見せるための看板なんだ?(笑)」と、その存在意義に疑問を示す人も少なくない。
調べてみると、写真に写っているのは神戸市にある神戸中央郵便局の外壁だったそうだ。1階には「JPローソン 神戸中央郵便局」が入っているとのこと。
ローソンの広報担当によると、店舗を広く認知してもらうために、JR神戸駅からでも看板が見えるようにするために高い位置に設置したそうだ。景観協定にも引っかからないよう、地域の「まちづくり委員会」にもはかった上で設置したものだという。
この店舗はJR神戸駅から北東へ約400メートルの場所にある。しかも駅前のロータリーの周辺から、道路を一直線に進んだ先に位置している。確かに高い位置に看板を掲げれば、人通りの多い神戸駅前から目につきやすくなるだろう。
神戸市役所によると、郵便局がある一帯は景観協定で派手な看板が禁じられているそうだ。ローソンの高い位置にある看板も、必要最小限の大きさにするなど地域に配慮することで設置が認められたそうだ。
不思議に見える看板にも、しっかりと企業の狙いが隠されていたということだ。果たして、効果はあったのだろうか?

「隠れ待機児童」約6万人

厚生労働省は28日、昨年4月時点で保育所に入れず親が育休を延長した人が5334人、求職活動をやめた人が4896人いたと発表した。厚労省の認定ルールに従い、認可保育施設に入れないのに自治体が待機児童に含めなかったという。
自治体が通えると判断した認可保育施設に入らず、「特定の施設を希望」したことなどを理由に対象外とした計4万9153人を含め、「隠れ待機児童」は全部で5万9383人いたことになるという。自治体が昨年4月に待機児童と認定した子供は2万3167人で、その2.6倍に上った。
他に国が補助する認可を目指す施設には入れた人が825人いたそうだ。厚労省は昨年10月時点の待機児童も公表。4万5315人で、前年10月より2131人増えたとのこと。
なぜこのようなことが起きてしまったのだろうか。もっとしっかり待機児童問題を解決する政策を行ってもらいたいものだ。

落石で登山客犠牲に

3月5日18時ごろ、東丹沢の高畑山で、登山中の50代の男性が落石により登山道から転落した。
転落した男性は、親族の男性と登山に来ており、親族の男性が「転落した」と119番通報をして救助を求めたという。厚木消防署員らが駆け付け、登山道から約20メートル下った地点に倒れている男性を発見。その後死亡が確認された。
厚木署は、落石した40センチほどの石が男性の頭部を直撃したため、男性が転落したとみている。
転落した男性らは午前5時半ごろ入山し、登山を開始した。ヘルメットなどは着用していなかったという。
現場となった高畑山は、標高766メートル。宮ケ瀬湖の西側で、転落地点は高畑山分岐の間にあたり、山頂付近だったそうだ。
不運な事故だったとしか言いようがない。40センチというと、たとえヘルメットをしていても無傷ではいられなかっただろう。

ユースケ・サンタマリア、9年ぶりに連ドラ主演

俳優のユースケ・サンタマリアが、今春4月2日スタートのフジテレビ系、土曜日・11時40分放送の「火の粉」で9年ぶりに連続ドラマに主演することが分かりました。
同作は作家の雫井脩介氏による、同名小説が原作。
「心の奥に潜む狂気」をテーマにした心理サスペンス。ユースケ・サンタマリアは一家殺人事件の容疑者として逮捕されて、死刑を求刑されるものの、証拠不十分で逆転無罪となった男、武内を演じます。
また、制作は放送中のフジ系「嵐の涙」を最後に、52年続いた昼ドラ枠に終止符を打つ東海テレビが担当します。
昼ドラから「夜ドラ」への進出第1弾としても話題になりそうですね。

YKKがコーヒー店経営?

ファスナーで知られるYKKグループが今月12日、東京都内にカフェをオープンさせたそうだ。しかも使う豆はブラジルにある自社農場で栽培されたものを自家焙煎しているそうだ。なぜYKKがコーヒー豆を栽培することになったのだろうか?
墨田区にオープンしたのは「カフェ・ボンフィーノ本店」。両国国技館から徒歩15分の距離にあるYKKグループのビルの横に建てられた、ガラスを多用した建物だ。
店内は大型焙煎機が備え付けられており、豆の紹介やおいしい淹れ方、相性の良い食材などを提案するためのプレゼンテーションスペースもあるそうだ。提供されている豆は、ブラジルの中央高原地帯セラードにある3300万坪のYKK農場で作られたもの。高品質のアラビカ種のカトゥアイから、真っ赤に完熟した大粒のコーヒー豆だけを選んで直輸入し、自家焙煎して提供しているそうだ。
なぜ、ファスナーのYKKがコーヒー豆を扱っているのだろうか?YKKグループの株式会社「カフェ・ボンフィーノ」の青木社長によると、創業者の吉田忠雄はファスナーの『衣』、AP(建材)の『住』に続き、『食』の分野への進出が企業経営であると唱えていたそうだ。YKKは1972年にファスナー事業でブラジルに進出し、その地で得た利益を再投資し、地域貢献することを目的としてコーヒー事業をスタートさせたそうだ。農地を取得して1985年にYKK農牧場立ち上げてコーヒー栽培を始めたとのこと。
30年に及ぶコーヒー栽培で培われた経験から、より高品質のコーヒーを安定かつ大量に収穫できるようになったことが、今回のカフェオープンにつながったという。
YKKが30年かけて自信をもって打ち出す高品質のコーヒー、ぜひ一度飲んでみたい。

「みしまコロッケ」、中国で人気爆発

静岡県三島市の箱根西麓産メークイン「三島馬鈴薯(ばれいしょ)」をふんだんに使ったご当地グルメの「みしまコロッケ」が、中国で若者を中心に大きな人気になっているといいます。
静岡県にある、食品卸売などを手掛ける「東平商会」(長泉町)が上海市内の百貨店などで「みしまコロッケ」の販売をしたところ、日本の3倍近い値段ながらも1週間で、約4千個を完売しました。
その大人気の理由は、静岡県の三島を舞台にしたドラマである、「ごめんね青春!」の人気もあって、「みしまコロッケ」のファンも順調に拡大中とのこと。「みしまコロッケ」の本格的な海外進出の足がかりになりそうですね。

こけしブーム到来「こけ女」とは

日本の工芸品のひとつである「こけし」。田舎の実家に帰ると茶の間や玄関に複数体置いてあったりする。このこけしが今、ブームになっているという。
こけしは東北から生まれた工芸品だ。そんな東北地方の宮城県が考案した「こけし飛行機」がキモかわいいと評判である。こけしの顔を上を向くようにつけ、飛行機の主翼と尾翼をとりつけたゆるキャラで、仙台空港の利用者増を狙った観光キャンペーンのポスターに描かれた。
こけし飛行機の反響は大きく、県はこけし名産地の鳴子温泉がある大崎市のこけし職人に依頼し、2体の実物を製作した。県庁の1階に展示してあるという。
こけしブームで、青森県の津軽こけし館では、こけしの通信販売件数が月2、3件から月60件ほどまで増えた。
「こけ女」とは、こけしの女性ファン、つまりこけし女子の略称である。各地で開かれるこけしの展示イベントに行ったり、本場である東北地方の温泉に足を運び、職人とのコミュニケーションを楽しむ。宮城県大崎市の鳴子温泉を訪れ、こけしを購入した女性会社員は、「こけし作りの工程を見学して、職人と話しをした。一人前になるまで何十年もかかるということを聞き、こけし自体にその純朴さも表現されていると感じた」とこけしの魅力を語った。
昨今のこけしは、人気キャラクターとコラボするなどしたポップなデザインのものもあるという。
改めて見てみるとかわいいかもしれないこけし。こけし飛行機は少し見てみたい気もする。

FBのザッカーバーグCEOが育休

米Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは11月20日、生まれてくる娘のために2か月の父親産休を取る計画を、自身のFacebookアカウントで発表した。
「調査によると、働く両親が新生児の一緒にいる時間を持つことは、家族全体にとっていい結果をもたらすことが分かっている。Facebookは米国の従業員に対し、最長4か月の女性のための産前産後休暇あるいは男性のための育児休暇を提供している」とザッカーバーグ氏。同氏は投稿に、準備しているベビーカーやベビーシートに囲まれた愛犬Beastの写真を添付した。
この投稿には同社のシェリル・サンドバーグCCO(最高執行責任者)が「マーク、プリシラ、あなたたちの決定にとても興奮しています。お嬢さんとの貴重な最初の数か月を楽しんでください。会うのが待ちきれない」とコメントした。
CEO自ら育休を取ることで、男性でも育休を取りやすい環境であることをアピールしたこの発表は、他の企業にも影響を与えそうだ。

巨人が阪神下す、CSファイナル進出へ

セ・リーグのクライマックスシリーズファーストステージ第3戦が12日、東京ドームで行われた。
巨人が阪神を3-1で下して、CSファイナルステージへの切符を手にした。
阪神の先発は能見。巨人は能美から初回、前日11日と同様に立岡が先頭打者三塁打を放つと、1死一、三塁から打席には阿部が立った。
センターへの犠牲フライで立岡がホームベースへ生還し、1点を先制した。
巨人の先発のポレダは4回まで阪神打線をパーフェクトに抑えた。
5回も無死一、二塁のピンチを無失点で切り抜ける好投を見せる。
その後、6回、1死一、三塁で阿部がライト前へこの日、2本目となるタイムリーを放ち、2-0とリードを広げた。
なおも1死一、三塁の場面。
バッターボックスには長野。2球目、2番手の岩田のフォークがワンバウンドになり、キャッチャーの梅野が捕球できずにボールが大きく前に転がると、三塁走者の坂本がこの一瞬の隙を見逃さず、激走ヘッスラで間一髪セーフ。3点目をもぎとる形となった。
4番の2本のタイムリーと、若き主将の好走塁で3点差とした巨人。
7回にポレダが福留にライトへのソロアーチを浴び、2点差にされたが、ここでマシソンが登板し後続を断つ。
その後もリードを守りきり、ファイナルステージの進出を決めた。セ・リーグ覇者のヤクルトとのファイナルステージは10月14日から神宮球場で行われる。

クラウドでPSゲーム、日本でも

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は9月15日、ゲームストリーミングサービス「PlayStation Now」における国内展開について、9月16日正午ごろからベータテストを開始すると発表した。
PlayStation Nowはクラウド技術を活用し、PS3用ソフトを様々なPSNow対応デバイス上でストリーミング方式でプレイすることができるというもの。インターネットに通じパッケージ版やダウンロード版のデータをローカルデバイスに保持することなくゲームが可能となる。
国内向けには初期段階でおよそ150タイトルを用意。レンタルサービスとして4日間、7日間、30日間と用意され、利用料金は200円から。90日間は400円からとなっている。100本以上のタイトルが利用できる定額制サービスは1ヶ月が2315円、3ヶ月が5463円となっている。
ベータサービス開始時点では「バイオハザード6」、「ウルトラストリートファイターIV」、「真・三國無双7」、「ファイナルファンタジーXIII」、「塊魂TRIBUTE」、「みんなのGOLF 6」などをラインナップ。対応デバイスはPS4、PS Vita、PS Vita TVに加え、ソニーの液晶テレビ「ブラビア」やソニー製ブルーレイディスクプレイヤーの一部機種でも提供するとしているとのこと。これまでプレイしたことのなかったゲームも気軽にプレイしてみるなど、楽しみ方が広がりそうだ。