卵かけごはん

卵かけごはんが10倍美味しくなる食べ方をご紹介します。
卵かけごはん。日本人なら一度は食べたことがあるのではないでしょうか?ご飯の上に生卵を割って醤油をかけて食べる。
ただそれだけなのに、何とも言えないまろやかさが口の中に広がります。そんな卵かけごはんの美味しい食べ方をご紹介します。
まず、白身と黄身を分けます。そのご飯に白身の身を入れて泡立つように混ぜます。混ざったら、卵黄を入れて少雨をかけていただきます。これだけで劇的に味が変わります。
つぎにご紹介する食べ方は、アツアツのごはんにまず醤油をかけて混ぜます。その上に卵黄のみをのせて召し上がります。
アツアツのごはんに醤油を入れることによって、醤油の香ばしさが引き立ちます。
このふたつの食べ方、機会があったらぜひ試してみてくださいね。

話すバービー人形

世界中の女の子に愛されてきた着せ替え人形「バービー」を販売するアメリカの玩具メーカー・マテルが、持ち主の質問に自分で考えて答えるなど会話ができる新型の「ハロー・バービー」を発表して話題になっています。人工知能を応用した音声ガイド機能やインターネット経由のクラウド機能を備えていて、会話を通じて子どもとともにバービーも学習し成長していくそうです。玩具業界では今後、こうしたハイテク技術を駆使した「スマートトイ」が主流になるそうです。ただ、人形との空想のおしゃべりがなくなり、子どもの想像力がなくなると懸念する声もあるようです。またハッカーに子どもたちの会話を盗聴される危険性も指摘されています。「バービーと会話したい」という女の子たちの夢が叶う商品としてメーカーが開発した「ハロー・バービー」、発売時期は未定ですが今年のクリスマス・シーズンに売り出されるとみられています。バービーと会話ができるというのはすごい技術ですが、空想の中で会話を楽しむというのも子どもたちの感受性や想像力を育てるのに重要なことではないでしょうか。

ペンギンの味覚

南極に生息するコウテイペンギンやアデリーペンギンは、5種類の基本的な味覚のうち、甘味と苦味、うま味が分からない可能性が高いとアメリカ・ミシガン大などの研究チームが発表したそうです。舌で味覚センサーの役割を果たす受容体たんぱく質の遺伝子を調べた結果、機能を喪失したと推定されたそうです。なのでペンギンは残る塩味と酸味だけしか分からないということになります。これまでの全遺伝情報解読で、多くの鳥類が甘味の受容体遺伝子を失ったと考えられています。ペンギンの祖先は恐竜絶滅後の6000万年前ごろに出現し、その後コウテイとアデリーの種が分かれた約2300万年前までに、苦味やうま味の受容体遺伝子も働かなくなったとみられています。甘味や苦味、うま味の信号を脳神経に伝えるのに必要なたんぱく質が極寒の環境では機能しなかったり、滑りやすい魚などのエサをとにかく捕えて丸飲みするようになったりしたことが原因の可能性があるとのこと。ただ、エサの丸飲みは原因ではなくうま味が分からなくなった結果かも知れないそうです。ペンギンは「おいしい」と思ってエサを食べているわけではないということでしょうか。そう考えると少しかわいそうな気がしますね。

何もしない週末のススメ

平日は仕事に没頭して、週末はプライベートを充実させるという風潮が多い世の中。
せっかくのお休みなのにお関わらず、ア社役から起きてアクティブに活動。夜遅くまで活動的に動くなんてことも多いのではないでしょうか。そもそも、休日に何かしなくてはいけないなんてルールはないのに平日できなかぅたことを一気に休みの週末にやる方も多いのではないでしょうか。ですが、たまには1ヵ月に1日くらい、「何もしない日」というのを作ってみるのはいかがでしょうか。
動かない休日。それが本来の休日のあるべき姿でもあります。掃除もしない、料理もしない、とにかく何もしない日を作りましょう。
実はそんな何もない日は、ゆったりと自分の内面を見つめることが出来るのです。「何もしない日」こそが自分への活力となるのです。あなたもたまには「何もしない週末」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ハンドクリームの意外な活用法

意外と使えるハンドクリームのあれこれをご紹介します。
実は手に塗るだけじゃもったいないんです!実はハンドクリームは色理路と使えるんです。ストッキングをはいて
スカートをはくと、静電気でスカートがストッキングに絡みつく経験をしたことはありませんか?そんなときに使えるのがハンドクリームです。ハンドクリームを塗った手をストッキングをはいた足を2~3回撫でるだけで、静電気予防になります。
つぎに、出先で髪の毛がごわごわしてしまった時に使えるのがハンドクリームです。
ヘアクリームの持ち合わせがなかった時に重宝します。使い方はとっても簡単です。
手にハンドクリームを付けて、ワックスを使うように使用するだけ。
つぎに、シェービングクリームとしての使い方です。ムダ毛の処理をするときにカミソリ負けしないようにハンドクリームを塗ってシェービングをします。肌があれるのを防止します。さらには、剥がれなくなったシールはがしに使ったり、クレンジングオイルとして使用したり、ハサミなどの油さしとして利用したりと、様々な使い方が出来ます。
このようにいろいろなシーンでハンドクリームは意外と使えるので、常に一つ持っておくのもいいですね。

http://www.stratfordlanguageacademy.co.uk/